子宮がん検診などの婦人科検診に行く時どうしてる?アンダーヘアの処理実態

口を押える女

女性特有の女性器の病気は、自分では病気の発見が難しいことから、子宮頸がん検診や婦人科検診は定期的に行われていますよね。

また、女性の身体は精神的要因やホルモンの乱れなどのちょっとした変化で身体に異常が出やすく、不正出血やおりものが多くなったりするので、定期的に婦人科へ足を運ぶ方もいることでしょう。

自分の身体を定期的に専門家に見てもらうのは、良いこと意外の何者でもないのですが、その際にアンダーヘアをどうしたらいいのか分からずストレスを感じる…という声も少なくありません。

婦人科検診や子宮頸がん検診では、下着まで脱いで陰部を医師に見せなくてはなりませんから、たとえ一瞬であっても気になってしまうのも当然です。

そこで今回は、アンダーヘアを人に見せる機会が多いなと感じている女性必見!子宮頸がん検診や婦人科検診、出産時にアンダーヘアはどうすべきかなどアンダーヘアの処理事情についてご紹介していきます。

子宮頸がん検診や婦人科検診のときアンダーヘアはどうする?

子宮頸がん検診や婦人科検診の際に、アンダーヘアは剃った方がいいのか悩みますよね。ご自分が病院へ行く理由によって“剃る”“剃らない”の判断を決めるのがいいのかな?と感じます。

例えば、検診の場合には剃っていても、剃っていなくてもご自分のお好きな方でいいと思うのですが、何か女性器に異常があって婦人科に訪れる方は、剃らない方がいいのでは?と思います。

アンダーヘアの処理の仕方や使う道具によっては、雑菌が陰部の中へ入り込む可能性もありますので、性器に何らかの異常があるときは、肌が敏感になっています刺激を与えないのがベター。

婦人科の先生に「アンダーヘアの処理が原因で菌が入ってしまったのでは?」と診察されても何も言えませんからね…。

また、先生や看護師さんはアンダーヘアではなく性器の異常を検査しているわけですし、アンダーヘアを意識して見ることはありませんので、神経質になりすぎなくて大丈夫です♪

妊娠や出産のときは、アンダーヘアどうしてるの?

考える女

妊娠すると、女性ホルモンのバランスが崩れるため、身体のムダ毛が濃くなったり、濃いヒゲが生えたり、アンダーヘアが濃くなることがあります。

ホルモンバランスの乱れですから、いちいち気にしていては仕方ないのですが、赤ちゃんのためにも、自分のためにも出産前はアンダーヘアを処理することをおすすめします。なぜ処理した方が良いのかを説明と共にご紹介していきます。

妊娠中は免疫力が低下する

妊娠中、特に妊娠初期の時期は、免疫力が低下します。

自分の身体を守るために免疫力が働くわけですが、妊娠初期は、まだ赤ちゃんがいる身体に慣れていないため、免疫力が高い状態だと流産につながる可能性が出てきてしまうのです。だからこそ妊娠中、特に妊娠初期は免疫力が低くなるようになっています。

免疫力が低いということは、不衛生な状態でいるとすぐに膣カンジダ症などのトラブルを引き起こしやすくなるため、清潔な状態を守るためにアンダーヘアのお手入れをおすすめします。

細菌から母体と赤ちゃんを守るため

陰毛や毛穴には知らずしらずに細菌が潜んでいることがあります。

細菌が赤ちゃんのいる子宮まで入らないように注意したいですし、出産時に細菌が入って感染症を起こす危険性がありますので、アンダーヘアは剃っておいた方が良いと言えます。

ナプキンのムレ解消

会陰切開後の出血や悪露で出産後しばらくはナプキンを付けなければならないですよね。ただでさえムレやすいデリケートゾーンですから、ナプキンをつけていると更に蒸れます。

ムレた状態は、衛生面が良いとはいえませんから、出来るだけムレない対策が必要になります。その対策こそがアンダーヘアを整えること。アンダーヘアを処理すると、その分ムレが解消され、ナプキンの不快感が軽減されます。

アンダーヘアを処理することで、排泄物なども付着しにくくなるため、細菌の繁殖も抑制することができます。

また、清潔な状態を維持しやすくなるだけでなく、嫌な臭いの発生も抑制できますし、処理をしていることで自分に自信を持てるようになることも大きなポイントです。

一昔前と現代でアンダーヘアに対しての変化

欧米やヨーロッパの女性の8割以上がアンダーヘアを処理していると言われています。海外では、アンダーヘアの処理をするのが衛生的なエチケットだと考えられているからです。

一方で日本では、処理するのが当たり前という認識はないですよね。中には処理を一切したことのない方もいらっしゃいますからね。

ですが…それも今では昔の話になりつつあります。現代の日本では、ハリウッドセレブの影響や美容意識が高くなっていることから、アンダーヘアを処理するのは普通の時代に傾いてきています。

気づけば、ブラジリアンワックスのお店もでは今では国内にたくさんありますし、脱毛サロンでもハイジニーナコースやVIOコースなど格安でアンダーヘアの処理が出来るプランも用意されていますよね。

男性専用の脱毛サロンも普及されていますし、ムダ毛に対する意識は高まっていて、特にアンダーヘアは処理する時代に変わりつつあります。

子宮頸がん検診や婦人科での検査の際、さすがに先生たちは患者さんの毛まで意識してみるなんてことはありませんが、あまりにも濃い場合ですと、処理している人が多い中、一人だけ濃くてインパクトが強い…なんてことにもなりかねない時代になってきたということです。

アンダーヘアこんな処理はNG

拒否する女

アンダーヘアの処理をするとなると、多くの方が、はさみやカミソリ、毛抜き、脱毛ワックスなどに頼りがちですが、実はこれらは、アンダーヘアの処理に適しているとは言えません。

はさみ

確かに毛量を少なくしたいときや長さを短くしたいときに便利なのが“はさみ”ですが、はさみでカットすると、どうしても断面が鋭く切れてしまい、チクチクしてしまいます。

チクチクしていると、パンツと擦れた際に不快ですし、触り心地も悪いですよね…。

カミソリ

カミソリで足や腕を処理している人は多いと思いますが、カミソリは肌へのダメージが大きく、ただでさえデリケートな部位であるアンダーヘアには刺激が強すぎます。

いつも同じカミソリを使っていると、細菌や雑菌が入る危険性も高いです。

毛抜き

毛抜きで毛を抜くのは痛いですが、毛根からしっかり抜くことが出来るので、とてもスッキリしますよね。気持ちは分かりますが、無理矢理毛根から抜く行為は肌へのダメージが大きく、毛穴を広げる原因になります。

毛穴の開きが大きいと、その分菌が入り込みやすくなりますので、トラブルを起こす危険があります。

脱毛ワックス

痛みに強い人や肌トラブルを抱えていない人ならば、頻度が少ないようでしたらメリットの方が多い脱毛ワックス(ブラジリアンワックス)ですが、陰部にトラブルがあるときや、妊娠中、肌が弱い人には脱毛ワックスは不向きです。

無理矢理抜くため、赤みや炎症を起こしやすく、他の肌トラブルを引き起こしやすいため控えた方が無難です。

アンダーヘアの処理は何がおすすめ?

アンダーヘアの処理におすすめ方法は何かといいますと…「脱毛サロン」と「ヒートカッター」です。ヒートカッターは、熱線で毛を焼き切る道具です。

焼け切ると言っても、安全に出来ているので、火傷の心配は正しい使い方をしていれば問題はありません。

ヒートカッターの良いところは、毛の断面がハサミで切ったような直角ではなく、丸くなることです。毛先が丸くなると、チクチク感がなくなり肌さわりが良くなりますし、パンツからチクチクとはみ出すこともなくなり、快適です。

ヒートカッターだと毛量や毛の長さは短く出来ても、アンダーヘアの範囲を狭くすることは難しいですし、処理をしたとしてもまた同じ濃さの毛が生えてきますよね。

毛を薄くしたい!生えてきてほしくない!ハイジニーナにしたい!という女性は、脱毛サロンの施術を受けることをおすすめします。

脱毛サロンの施術では、毛を生やす素である毛母細胞にアプローチをかけるため、ムダ毛が生えるのを阻止できるわけです。

通っているうちに、生えてくる毛の量が少なくなり、毛質も柔らかく細くなっていきます。脱毛のプロによる施術後のアフターケアも脱毛サロンならではですよね♪

妊娠中は脱毛サロンへは通えません

脱毛サロンは、妊娠中は通えない決まりになっています。また、出産してすぐも脱毛施術はおすすめ出来ません。

ですので、脱毛サロンでアンダーヘアの処理をしたいなと考える方は、妊娠前もしくは、出産後しばらく経過してからになります。

また、アンダーヘアの毛は他の毛に比べ太くて濃い毛ですし、毛周期が1~2年と他の部位より長いため、薄くするには、平均で12回程度の施術が必要となります。

3ヶ月に1回ペースだとしても、2年はかかる計算になりますね。ですから、アンダーヘアの毛は綺麗にしたいと思い初めて、満足するためには、それなりの期間が必要となることを頭に入れておきましょう。

まとめ

アンダーヘアの処理が当たり前というわけではないですが、ブラジリアンワックスや脱毛サロンの格安化・拡大などに伴い、アンダーヘアに対して日本国内でも認識が変わりつつありますよね。

さすがに、性カンジダやヘルペス、おりものの増加などで婦人科に訪れる際などは別ですが、それ意外の婦人科検診などでは処理しておくと、メリットが多くて良いのかなと思います。

アンダーヘアを処理することで、ムレを軽減させ臭い抑制や細菌増加予防などのメリットがあり、衛生上、快適に過ごせるならば処理しておくことがおすすめだと言えますね。

デリケートな部分ですから、ご自宅で処理する方はヒートカッター・さっぱり綺麗にしたい方は脱毛サロンが適しています。ご自分に合った安全な方法で綺麗に処理して自信を持ってくださいね!