乳毛が生えてるなんて!誰にも聞けない胸のおすすめムダ毛処理方法

女

乳輪周りの毛についての話題って暗黙の了解なのか、他の恥ずかしいパーツに比べても話が出ないですよね…。

だからこそ、何が普通で、どう手入れしたらいいのか…そもそも生えるのは異常なのか…など分からないことだらけ。

そこで今回は誰にも聞けない胸の乳輪周りの毛について、なぜ生えるのか、処理法、異性の意見など気になる点をピックアップしてご紹介していきます。一緒に、乳毛の悩みと不安を取り除いていきましょう!

意外と多くの女性が悩む乳毛

叫ぶ女

「乳毛(ちちげ)」という言葉を日常生活で使うことは、ほぼないと思います。おませな幼稚園児や小学生が使うくらいのレベルと言ってもおかしくはないですよね(笑)それほどマイナーな乳毛ですが、話に出ないだけで多くの女性に生えている毛です。

脱毛サロンで働いている人や産婦人科の看護師をやっている人なら分かると思いますが、声を揃えてみんな生えていると答えます。

ただ、基本的に処理をしている方が多いですし、知識や出回っている情報が薄いために「生えるのが普通なのか分からない」だけなのです。なので、「私っておかしいのかな?」「男っぽいのかな?」などの不安は持たなくて大丈夫です♪

乳毛の生え方は人それぞれ

生えるのは一般的なことなのですが、生え方には個人差があります。産毛のみ生える人や所々長い毛がある人、乳輪の周りを一周覆っている人など生え方は様々。

ムダ毛だけでなく乳首周りのポツポツに悩んでいたり、自己処理中に傷を作ってしまったり、肌トラブルを抱えて悩んでいる人も多いです。

乳毛が生える原因と対策は?

疑問

乳毛の生え方は人それぞれということは、濃い人は濃い人なりに原因が何かあるわけです。原因が分かれば改善することが可能ですので、乳毛に悩んでいる方は、原因と対策を理解してみましょう。

乳毛が生える原因は?

男性に濃いヒゲが生えているのに対し、女性は男性に比べて薄いですよね。それは男性ホルモンと女性ホルモンの量が多いか少ないかに左右されます。

文字通り、男性は男性ホルモンが多く、女性は女性ホルモンが多いわけですが、ホルモンバランスはちょっとした変化で乱れてしまいやすいので、男性ホルモンの量が多くなると女性でも、濃いヒゲが生えたり、濃い乳毛が生えたりします。

乳毛を阻止せよ!対策法

ホルモンバランスの乱れが濃いムダ毛を招くので、ホルモンバランスを乱れさせない努力と、女性ホルモンを少なくしない努力をしていきましょう。

努力と言っても、日常生活の中で少しだけ意識するだけでも違うので、重く捉えずトライしてみてくださいね。

女性ホルモンを増やす

女性ホルモンを増やすてっとり早い方法は“ときめくこと”です。好きな異性を思ってドキドキしたり、性的な興奮をしたり、心が幸せな気持ちで満たされると女性ホルモンは分泌されます。恋をする女性が綺麗だというのも分かります♪

また、女性ホルモンを増やす食事にも意識を向けてみましょう。大豆製品やマグロ、カツオ、かぼちゃ、ナッツ、アボカド、バナナには女性ホルモンを増やす働きが期待できますので、積極的に摂取してみてくださいね

ダイエット中は栄養不足に注意

人間の身体が健康でいるためには、栄養バランスが重要です。栄養バランスが偏っていると、理想のプロポーションにもなることが出来ませんし、女性ホルモンまでも分泌されなくなってしまうのです。

特にダイエット中は、無理な食事制限やダイエット食品に頼りすぎてしまいがち…。結果、栄養バランスが崩れ、女性ホルモンが分泌されなくなり、最悪の場合、月経が来なくなるなどの異常が出てきますので、栄養不足には十分注意しましょう。

タバコは禁煙すべし

タバコは女性ホルモンに悪影響を及ぼすので、副流煙も合わせて避けるようにしましょう。タバコにより、女性ホルモンの分泌量が減少し、女性ホルモンの作用が弱くなると言われています。

また、タバコを吸うことで、体内の栄養素の破壊、消費してしまいますので、栄養不足も関わってきますので、出来るだけ禁煙することをおすすめします。

ストレスの溜めすぎはNG

スマホやSNS、人間関係、会社、満員電車、渋滞、近隣の騒音などで、私たち現代人の身体は想像以上にストレスを溜めやすい生活を送りがちです。

その日のうちに、少しの飲酒やスポーツ、半身浴や趣味などでストレスを解消できればいいのですが、なかなか上手くいかないもの。

ストレスなんて誰しもあるよね?と思うかもしれませんが、ストレスが溜まると男性ホルモンが過剰に分泌されます。そのため今まで毛深くなかった人でも、乳毛やヒゲなどの濃い毛が生えてしまうことになりかねません。

1日1日、丁寧でワクワク楽しめる毎日を送れるよう、ちょっとした日々の幸せ見つけてみましょう。

睡眠の質を高めよう

現代人の睡眠時間は、平均6時間程度だと言われています。でも実際にその中で深い睡眠が出来ている時間を考えると、睡眠時間は更に短くなりますよね。

だからこそ、睡眠の質を高めて、意味のある睡眠を心がけることが大切です。睡眠を取ることでホルモンバランスを安定させることができますし、ストレス解消にも効果的だと言われています。

午後10時~午前2時は、ゴールデンタイムと言われていますが、その時間に質の高い睡眠を取るように心がけると、なお良いです。

男性は女性の乳毛に手厳しい

鼻を隠す女

乳毛で悩んでいる女性が、乳毛が生えている人を見たら「あ、私だけじゃなかった」と安心するでしょうし、乳毛をしっかり処理している女性が、乳毛が生えている人を見たら場合には「えっ。処理してよ…」と感じることでしょう。

一般的に生えていると恥ずかしいと認知されているので、同性からでも「処理をしたら?」という意見に傾きがちな傾向があります。

男性はどうでしょう?男性は、女性のムダ毛や乳毛に対し「ムダ毛は処理するべき」「乳毛って生えるの?」くらいの感覚で思っています。

処理する方は、大変なんですけどね…。女性の乳毛に対しての男性の意見をご紹介します。

34歳男性 現場監督

先日、居酒屋で若い女性4人くらいが集まって、酔っていたのか乳毛トークをしていたんです(笑)

濃いやら、処理法やら…そもそも乳毛が生えているってだけでマイナスなのに、乳毛って言葉を恥ずかしげもなく言えることに引いた。生えてくるのは仕方ないけど、それを感じさせないで欲しい。

23歳男性 大学院学生

大学時代、初めて女の子と付き合いましたが、おっぱいに毛が生えていてびっくりしました。というかその日は萎えてしまって…出来なくなるくらいショックでした。

全く生えない人はいないと今では分かったけれど、女性らしさや清潔感はやっぱり感じないですよね。うるさいかもしれませんが、今の彼女には全身ムダ毛は処理してってお願いしています。

27歳男性 警察官

男みたいな乳毛は無理です。処理してほしい!というか当然処理してって感じです。ですが一番個人的に好感持てるのは、産毛が生えているやつ。

うぶ毛程度なら気にしないし、剃りすぎてジョリジョリしている方が男の肌って感じで嫌です。

意外と厳しい!

三名の意見をピックアップさせてもらいましたが、まあ男性の気持ちも分からないではないですね。やはり女性には女性らしくいてもらいたいって当然な気持ちでしょうし、女側としても、女性として見られる努力は当たり前にするべきだと感じます。

でも…「生えてないのが当たり前だけど、処理してジョリジョリなのはNG」はちょっと厳しい!

自己処理法と怖いデメリットとは

カミソリ

乳毛周りの自己処理、みなさんはどうしていると思いますか?

生え方によって、どんな方法で処理するかは個人差がありますが、多くの方がカミソリや毛抜き、ワックス脱毛や除毛クリームを使っているとのこと…。

実は、今ご紹介した4つ、どれもおすすめできません!!!一個一個ご説明していきますね。

カミソリ

カミソリは、身体や顔などあらゆる部分のムダ毛を処理するのに適していますし、足や腕の流れで乳輪周りのムダ毛も処理する方が多いと思いますが、カミソリは肌へのダメージが大きいため、皮膚が柔らかく傷つきやすい乳首周り(乳毛)を剃るのは危険です。

カミソリの派で乳首を傷付けてしまうリスクも高いですし、乳輪周りの黒ずみを広げる原因にもなるので、使いやすくても控えるのがベター。

毛抜き

狙った1本を確実に抜き取れる毛抜きは、細かい乳毛の処理には使いやすいですが…根毛まで抜く、毛抜きの処理は肌への負担が大きいです。

根毛が抜けた毛穴が広がってしまったり、毛が新しい皮膚の中に埋まる埋没毛にもなりやすく、肌荒れの危険性も伴うのでおすすめ出来ません。

除毛クリーム

除毛クリームは、お肌に塗って数分置いて流すだけの簡単工程なので、楽ではありますが、お肌には刺激が強めです。特に乳毛周りは柔らかく敏感な部分なので、刺激を受けやすくダメージがかかります。

除毛クリームは、どのようにムダ毛を処理するかといいますと、実は毛を溶かしているのです。毛が溶けると考えたらダメージの強さも想像がつきますでしょうか?

低刺激タイプや敏感肌さん向けといったパッケージのものも販売されていますが、乳毛に使う目的で作られたものではありませんので、使うのは避けた方が無難です。

ワックス脱毛

カミソリを乳首の周りに当てるのは怖い派が試しているのがワックス脱毛。ワックス脱毛は、デリケートゾーンにも使用できるので、そういった意味では安心できますよね。

お店へ行き、処理をお願いしている分には問題はありませんが、ご自宅で行っている人は注意が必要です。

市販のワックス脱毛は刺激が強い成分のものも販売されていますし、剥がす際にためらってしまうと途中で毛が切れて、埋没毛になるリスクも高いので、ワックス脱毛は専門のお店で行うのがベスト。

適切な乳毛の処理法とは

乳毛の処理で一番おすすめな方法は「脱毛サロン」です。脱毛サロンでのムダ毛処理法は、光脱毛を行っているサロンが多いです。

光脱毛とは、特殊な光を皮膚に当てることで、ムダ毛に反応し、ムダ毛を生やす根っこの奥の部分にアプローチをかけ、毛を生えにくくしていく施術法です。

施術自体も肌への負担が弱い上に、施術後には肌の鎮静から保湿までしっかりケアを行ってくれますので、肌トラブルを起こさずにムダ毛を薄くし、肌状態まで良い状態にしてくれる点が脱毛サロンのおすすめな点です。

お値段も医療脱毛に比べ格安ですし、今ではお得なプランやコースが用意され、高校生でも多く通うほど敷居は低くなっていますので、ぜひ気になる方は無料カウンセリングを受けてみては?

どうしてもご家庭で乳毛を処理したい方におすすめなのが「電気シェーバー」です。脱毛サロンでも家庭の処理は電気シェーバーで!と推奨されているほど。電気シェーバーは安全なだけでなく、皮膚への負担が少ないのが特徴です。

とは言っても肌への負担が一切ないわけではありませんので、正しい剃り方と処理後の肌のケアは最低限しましょう。

ただ電気シェーバーのデメリットは深剃りが出来ませんので、チクチク感は否めないのがデメリット…。定期的に電気シェーバーを使うと色素沈着の原因にもなりますので、不安な方は脱毛サロンへ通うことをおすすめします。

まとめ

胸

少しは乳毛に対しての不安が解消されましたか?いきなり乳毛が濃くなった方は、ホルモンバランスの乱れが原因になっている可能性が高いので、まずは女性ホルモンを高める努力をしてみましょう。

長年、乳毛で悩んでいる方は女性ホルモンの向上を意識する他に、処理の仕方を考え直してみましょう。誤った自己処理は色素沈着や埋没毛などの肌トラブルに繋がりますので、脱毛サロンや電気シェーバーを使ってお肌のケアにも重点をおくことをおすすめします。

あまり悩みすぎるとストレスに繋がりますから、自分に合った方法で無理なく改善していきましょうね。