脇毛やすね毛だけじゃない!スポーツジムに通うなら処理しておくべきムダ毛の箇所とは?

運動する女達

ここ数年でスポーツジムに通う女性が一気に増えましたよね。実際にテレビ番組でも、アスリートのような筋肉をもつトレーナーさんが大人気になったり、多くのモデルや女優さんがスポーツジム通いをしていますよね。

ただ細いだけの体でなく、筋肉のあるしなやかな体が人気の今、スポーツジムへ通い始める女性が多いと思いますが、スポーツジムへ通うには注意することが1点。ムダ毛の処理です(笑)

えー、そんなことか!と思われるかもしれませんが、スポーツジムには女性だけでなく男性もいますし、いつもの服より露出も増えますから注意しておいた方が身のためです。

そこで今回は、スポーツジムへ行くときの服装や動作などの基本的なことから、注意すべきムダ毛の部位や処理方法などをご紹介していきます。

ムダ毛でドン引き!?体験談

鼻を隠す女

運動しに来ているのに、そんなにムダ毛が見られるの?と思う方も多いかと思いますので、他人のムダ毛にドン引きしたジムでの出来事を集めたのでご紹介します。

K.Hさん 女性 24歳

私が通っているジムはパーソナルトレーニングのジムで、トレーニング中に人と会うことはないのですが、更衣室では入れ違いで他の女性とバッティングすることはあります。

多くのジムがそうだと思いますが、シャワールームは仕切りがありますが、更衣室は仕切りがなく、お互いの着替えているところは結構見えてしまうんですよね…。

先日出会った方で驚いたのは、身体のラインは綺麗なのにムダ毛が凄かったこと…。さすがに恥ずかしくないのかな?

M.Oさん 男性 36歳

ランニングマシーンに後ろ姿が綺麗な女性が走っていました。走り方も綺麗ですし、身体も締まっていて綺麗でした。

どんな人なのかな?とさり気なく近くに行ってみたら、腕毛と足毛がまあまあ生えていて…。ちょっとガッカリでした。

R.Fさん 女性 31歳

うちのジムはプールも大浴場も使い放題なので、よく利用させていただいています♪

同性だからこそ気になるのかもしれませんが、鍛えられた身体なのにムダ毛の手入れがされてないと余計目立って残念に感じると思いました。

プールで平気でデリケートゾーンの毛がはみ出ていると、かなり引きます。

M.Yさん 男性 19歳

今まで男子校で、あまり女性の身体を知らず生きてきたため(笑)ジムに来てびっくりしました。女性でも背中に毛って生えるんだなーって。

汗かくと毛って更に目立つのか、背中や腕の後ろとか生えている女性が多いですよね。でも女性なんだから、処理くらいすればいいのに…と子供ながらに思っている今日この頃…。

ジムへ行くときの服装

エクササイズ

腕や足は、いつも剃っているから問題ないと思っていても、ジム服に着替えてみると爪が甘かったと痛感するもの。

そう、ジム服は露出が多いものが多いですし、動きが激しいトレーニングですと、丈が上がり予想外な部分まで見えてしまうことも…。

一般的なジムの服を確認して、どの部分が露出しやすいかチェックしてみましょう。

トップス

多くの方が、半袖もしくはタンクトップ姿です。中にはスポーツブラやキャミソールの方もいますね。

運動しやすいように、腕の部分が広めに作られていたり、胸元が広めのデザインも多いので、思わぬ場所が見えてしまったなんてことも良くあります。

ですから、あまり肌の露出はしたくないという方は、一度試着を軽く腕を動かしてみて決めた方が良いでしょう。

ボトム

長ズボンか半ズボン、スパッツの3種類に分けられます。初心者の頃は長ズボンを愛用していた人も、長く続けるうちに半ズボンにシフトする方が多いです。

長ズボンは蒸れやすく、動きにくい場合が多いからです。半ズボンは動きやすい反面、ムダ毛の処理には配慮が必要ですね。

また、トレーニングマシンを使う方はまたがる動作もあるので、丈が想像以上に上がりますので注意しましょう。

水着

プールがあるジムでは、水着でレッスンしますよね。レッスン用の水着は、ビキニなどに比べ面積は大きいものの、露出が多いのは変わりありませんからムダ毛の処理をサボっていては危険です。

また、デリケートゾーンの処理をしていなくて、はみ出てしまうと言った事件も良く耳にしますので要注意!

また、ジムの更衣室で着替える方は多いことでしょう。更衣室は、仕切りになっていないジムが多いですから、人目に見られかも!?という危機感は持っていた方が無難ですね。

注意すべきムダ毛部位

ヨガ

ジムへ行く前にムダ毛処理はしておこう…と意識が高まってきましたか?

ジムと言っても、人それぞれ行うトレーニングも異なるでしょうから、トレーニングごとの注意するべきムダ毛の部位をご紹介していきます。

ランニングマシーン

ジムへ通ったら、ランニングマシーンをやりたいと思う方は多いと思います。走るだけでなく歩くことも出来ますし、今のジムのランニングマシーンはテレビも自由に見られるところが多いですからね。

ランニングマシーンは、壁に向かって設置しているジムが多いと思われますので、後ろ姿や横顔に注意をしましょう。

ですから、二の腕や足の表と裏側、うなじ、首から背中のライン、横顔のムダ毛は処理を欠かさない方が良いでしょう。

筋トレマシーン

ランニングマシーンと一緒に筋トレマシーンをするとダイエット効果も高いので、筋トレマシーンを使う方は多いことでしょう。筋トレマシーンは、何十種類もありますので様々な動作があります。

手足を上げたり、広げたり、伸ばしたり…と想像以上に手足を動かす動作が多いですから、足や腕、特にワキのムダ毛処理は忘れないようにしましょう。

ボクササイズ

ボクシングの基本動作をベースにしたボクササイズが出来るジムも今では多いですよね。

気分転換にも良いので、ストレス解消のために始める方も多いボクササイズは、ボクシングに近い動きをするため、手足、ワキは最低限処理をしましょう。トレーナーが男性の場合も多いので、特に注意が必要ですね。

ダンス

大型のスポーツジムですと、ダンスレッスンも受けられるところが増えていますよね。ダンスの種類も豊富で、ヒップホップやベリーダンスなどの一人で行うものから、社交ダンスのようなペアで行うレッスンもあります。

一人にしても、ペアにしても、腕を大きく広げる動作などが多いので、腕や足、ワキには最低限気を使いたいところですね。ペアで行う場合には、プラスで背中や顔も処理することをおすすめします。

ヨガ

身体の内側から綺麗になりたいと考える女性から根強い支持を集めているヨガは、大型のスポーツジムでも受けることが出来るようになりましたね。

ヨガウェアは生地の面積が狭いものが多く、ムダ毛にも抜け目のない女性が多いため、肌が見える面積は綺麗にしておくのがおすすめです。また、ムダ毛だけでなく、合わせて肌荒れにも気をつけたいですね。

水泳

水泳はジョギングよりも消費カロリーが高いことから、昔からダイエットに良いと言われていますよね。

ダイエットにも健康にも良い水泳ですが、水着になるとなれば…ムダ毛もその分気にしなければならないですからね…。

腕や足、うなじや背中はもちろんのこと、デリケートゾーンの長さやはみ出していないかにも注意しましょう。

処理しにくい部分どう処理する?

カミソリ

ジムへ通う前には、ムダ毛の処理を忘れてはならないわけですが…ワキや腕、足はともかくデリケートゾーンや背中、うなじは自分では処理が難しい部位ですよね。

そこで処理のしにくい部分はどう処理すれば良いのか、いくつか方法をまとめてみました。

電動シェーバー

普通のカミソリなどで背中の処理をするのは、とても難しいですよね。背中を傷つける危険性も高くおすすめ出来ません。そのためどうしても処理したいときには、電動シェーバーがおすすめです。

直接刃が皮膚に触れるわけではないので、安全面は高いと言えます。ですが、刃の当て方次第では怪我のもとになりますし、深剃りが出来ないため伸びてくるのは早いと言えます。

ブラジリアンワックス

今では多くのブラジリアンワックス専門店がありますし、自宅でも気軽に受けることが出来るようになりましたね。

肌への負担はそれなりにかかってしまうのがデメリットではありますが、ブラジリアンワックスの効果は2週間程度続きますし、根本から処理出来るので仕上がりは綺麗です。

背中用カミソリ

背中用カミソリは、通常のカミソリと比べ取手の部分が15cm程度長く設計された背中専用のカミソリです。

通常のカミソリでは届かない背中の手入れが簡単に出来るので、背中のムダ毛が気になる方にはおすすめです。ですが、カミソリは肌への負担が大きいので、使いすぎには注意が必要です。

ムダ毛処理タオル

お風呂で使うボディタオルでムダ毛処理が出来る優れもの。繊維にムダ毛を絡ませ、抜きとったり、摩擦でカットする方法です。

通常のボディタオルの代わりに使うだけなので、簡単ではありますが、絶対的な効果はイマイチです。

おすすめの処理方法は?

OKする女

処理しにくい部分の脱毛方法をご紹介しましたが、実際どれも肌への不安が大きいのがデメリットです。

また、どれも一時的に処理をするものなので、毛自体が細くなったり、処理回数が減るといった効果は見込めないですよね…。そこでおすすめなのが脱毛サロンでの“光脱毛”がおすすめです。

脱毛サロンの光脱毛は、肌への負担が少ないながら、通ううちにムダ毛を細く薄くする脱毛です。1回で毛が薄くなったという効果は感じにくいですが、通ううちにムダ毛の自己処理をしなくても良い程度まで綺麗にすることが可能です。

脱毛サロンへ通うことで、毛自体が薄くなるので慌ててイベントやジムの前に剃る必要もなくなり、肌も綺麗になるので大変おすすめです。

今では多くのサロンが脱毛し放題などのお得なプランを用意しており、比較的低い価格設定で満足行くまで通うことが出来る時代です。

一昔前までは、脱毛サロン=高い・痛いといったイメージがあったと思いますが、今では価格も痛みも抑えられているのが特徴。

特に今、脱毛サロン業界人気ナンバー1とも言われる脱毛サロン KIREIMOでは、痛みがなく、美容効果まで期待できることから満足度の高いサロンだと言われ人気を集めています。

サロンごとにそれぞれセールスポイントが異なるので、ご自分に合ったサロンを探してみてくださいね。

まとめ

ジム

ジムへこれから通おうとしている女性のみなさん、ムダ毛処理の大切さが分かっていただけましたか?

運動しに行くだけ…と言っても、ジムには美意識の高い男性や女性が多くいます。ですから、その中で引かれないためにもムダ毛には注意しましょうね。

身体だけ綺麗になったとしても、ムダ毛を放置する女性なんて嫌ですよね…。ワキや背中、腕、足は特に要注意です。

ただ処理を頻繁に続けていると、肌へのダメージが蓄積され肌に悪いですから、綺麗に処理したい方、数年先も綺麗な肌でいたい方は、ぜひ脱毛サロンを検討されてみてはいかがでしょうか?