いちご鼻から毛が生えてる!いちご鼻の黒ずみの原因はムダ毛なの?

いちご

いちごは可愛いフルーツですが、いちご鼻は全く可愛くないどころか不潔な印象を与えがちですよね。しかもよく見ると、産毛も生えている…なんて経験はありませんか?

どんなに一生懸命ケアをしても、いちご鼻を治すのは至難の業。そこで今回、いちご鼻で悩んでいる方のためにいちご鼻になる原因やいちご鼻の産毛について、処理の仕方など詳しくお話していきます。

いちご鼻ってどんなもの?

いちご鼻は、鼻の毛穴が黒ずみブツブツと目立つ状態のことを言います。まるで果物のいちごの表面に似ていることから名前が付けられました。

Tゾーンは顔の中でも皮脂腺が多く、黒ずみやすい部位ですので一度いちご鼻になってしまうと、なかなか改善が難しいのが現状です。

また、無理にいちご鼻を解消しようと、誤ったケアをしてしまうと悪化、肌トラブルの原因になるので注意が必要です。

鼻の黒ずみの原因とは

鼻の黒ずみ(いちご鼻)の原因として一般的に紹介されるのは以下の3つでしょう。

  1. 毛穴の汚れ
  2. 角栓のつまり
  3. メラニンによる黒ずみ

皮脂の分泌量が多い場合や毛穴が広がっていまっている場合には、ほこりや皮脂、古い角質、落としきれなかったメイクなどが毛穴につまり黒ずみとなりますし、ザラザラしてしまっている場合には角栓が詰まってしまっていると想定できますし、日ごろから肌トラブルが多い場合、肌のバリア機能が弱まり、ただでさえ毛穴の周辺にはメラニンを作る細胞があるためにメラニンが増え、黒ずんで見えている可能性もあります。

ご紹介した3つともあり得ますし、どのメディアでも話を聞くと思いますが、鼻の黒ずみ(いちご鼻)になる原因はこの3つだけではないのです!鼻の黒ずみの最大の原因は『角質に詰まる産毛』だったのです。

産毛が原因で黒ずみ発生?

鼻を隠す女

まさか産毛が原因で鼻が黒ずんで見えるなんて、驚きですよね…。でも実際、鏡で顔をじっくり見てみると確かに毛穴から産毛が生えていませんか?よほどの方でない限り、生えているはずです(笑)

しかも鼻の毛穴は比較的大きいため、意外とそこから生える毛も短いわりに太くて黒い場合がほとんどです。まあ、毛穴が広ければ広いほど、生える毛も太いですからね。

また、毛穴1つにつき産毛1本とは限りませんので、束になっていればいるほど目立ちやすいですし、肌が白い人ほど黒い毛は目につきますよね。

メイクでも隠すことが出来ないですからね、見つけてしまった方は気にされるのも当然です。

鼻の産毛を処理するメリット

黒ずみ解消

鼻の産毛の黒色がダイレクトに黒ずみとして見えてしまう他にも、鼻の産毛によって皮脂や汚れを絡みあって毛穴を詰まらせてしまうこともあるのです。

ですから鼻の産毛を処理することで、鼻の黒ずみの原因の多くを解消することが出来るのです。また、毛穴も引き締まりますから綺麗な毛穴を目指すことが可能になります。

透明感アップ

黒ずみの解消だけでなく、透明感もアップします。されど産毛とお思いかもしれませんが、産毛の塊を集めると茶色や灰色をした塊になるんですよね。

ですから透明感がアップするのは、当然のことです。

化粧ノリが良くなる

鼻の産毛を処理することで、ファンデーションのノリがとても良くなります。ノリだけでなく密着力も高くなるため、メイク持ちも良く崩れにくくなります。

肌が綺麗に見えるので、多くのモデルさんやアイドルの方なども気にして処理をしているようです。

基礎化粧品の浸透力がアップ

もともと毛は皮膚を守るために生えていますから、化粧水などの基礎化粧品も産毛があることで若干入り込みにくいものです。

ですから産毛を処理すると、スムーズに肌の奥へ成分が浸透することができ、肌トラブルや乾燥肌などの対策に有効です。

近距離が怖くない

ムダ毛が生えていると、顔をじっと見られたり近距離での会話って緊張しますよね…。しかも鼻の毛となると尚更、気になることでしょう。

そういうときって話にも集中できないですからね。鼻の産毛を処理することで近距離でも自信を持って対話できるようになりますよ。

こんな鼻の産毛処理はNG

拒否する女

鼻の産毛、今まで意識したことがない方からすれば、どう処理をしていいのか分からなくて当然ですよね。

まずはやってはいけない鼻の産毛処理法をご紹介します。

毛抜きで抜く

毛抜きは、細かい部分の毛抜きにとても便利ですよね。ですが、絶対にやめてくださいね!知らずに毛抜きを使い続けて後悔している方が五万といますからね。

毛抜きは、毛根から抜きさるため毛の処理として考えれば優秀です!ですが、肌への負担がかなり大きく、結果毛穴を大きくしてしまうのです。

毛穴が大きくなればなるほど、次に生えてきた毛は太く剛毛ですから、絶対にやってはいけません!

角栓を抜く・押し出す

ドラックストアなどでも多くの角栓処理アイテムが販売されていますよね。特に知名度が高いといえば角栓パックでしょう。

確かに角栓がするっと抜けて気持ち良いのですが、肌への負担は毛抜きと並んで大きいです。無理に角栓を剥がすことで、正常な毛穴にも悪影響を与えます。

また、つい指で押し出してしまっているという方もいると思いますが、この行為を続けると、毛穴が開きやすくなり、汚れが更に溜まりやすくなるので注意しましょう。

刺激を加える

処理法とは別なのですが、ごしごしと強い力で洗顔をしたり、鼻を思いっきりつまんだりなどの行為は控えましょう。

皮脂の分泌が多く黒ずみが気になる方は、皮脂を抑えようと頻繁に洗顔をしたり、保湿を怠りがちだったりしますが、これは逆効果。

洗顔のしすぎは乾燥を招き、その乾燥が過剰に皮脂を分泌させるからです。しっかり保湿をすることで、皮脂バランスを整えます。

鼻の産毛のセルフケアの手順

毛抜きや角栓パックがダメだとなると、多くの方が次はカミソリだ!と想像すると思います。

正直言ってしまえば、カミソリも肌には良くありませんが、顔用の電気シェーバーなら100歩譲ってOKを出しましょう(笑)

電気シェーバーは、カミソリと違い肌に触れずに処理をしてくれるので、他の脱毛アイテムに比べてダメージは低いといえます。電気シェーバーを使った手順は以下の通りです。

  1. 入浴・シャワー・蒸しタオルなどで小鼻を温める
  2. シェービングフォームや乳液を塗る
  3. 電動シェーバーを一方向に剃る
  4. シェービングフォームや乳液を落とす
  5. 化粧水と乳液、クリームでしっかり保湿をする

鼻の産毛のセルフケアのポイント

鼻を指す女

処理は朝<夜

朝は紫外線を多く浴びますから、無防備になった毛穴で出歩くのは危険行為です。夜に行う方が無難だと言えます。

肌を温めよう

肌を温めると、肌が柔らかくなり、剃りやすくなります。また毛穴が開くので毛穴の奥の根っこの部分にもシェーバーの刃が届きやすくなります。

肌荒れ中は避ける

鼻ってニキビや吹出物が出来やすいですよね。電動シェーバーの刃で傷つける危険性も出てきますので、肌荒れ中は避けましょう。

肌が敏感なときは避ける

生理前や生理中、日焼けをした後、乾燥して皮が剥けているときなどは、肌が敏感なときです。いつも平気な刺激だとしても、何が起きるか分かりませんので、肌が敏感なときには避けましょう。

処理する間隔は広くとる

鼻の産毛は、剃ったらすぐ生えてくる毛ではありませんが、一度でも気になると頻繁に処理をしたくなるものですよね。

ですが、処理する間隔が狭いほど肌への負担は大きいですので、処理する間隔もなるべく多くとりましょう。

こまめに掃除をしよう

鼻の毛穴は広がりやすいので、それだけ雑菌も入りやすいです。ですから処理前、処理後は電動シェーバーの刃の掃除をしっかり行い、刃こぼれを起こしていたら交換するなど手入れをしっかり行いましょう。

油断禁物!自己処理の危険

正しい方法で剃れば、問題ないと思っていては痛い目を見ますよ~!実は、自己処理にはデメリットが多いんです!正しい方法で行っても、慎重に行ったとしても起こりうるデメリットをご紹介します。

カミソリ負け

電気シェーバーであれば、肌と直接触れることがないのでリスクは低いですが、強く当てすぎていたり、刃を立てて肌に当てている場合には十分カミソリ負けを起こす可能性があります。

色素沈着

十分な保湿が出来ていなかったり、もともと乾燥肌気味の方は色素沈着を起こしやすいです。一度なると消すのが難しいので、保湿には十分気を使いましょう。

埋没毛

電気シェーバーでなることは稀ですが、毛抜きを使っているとほぼ高確率で起こるのが埋没毛です。

毛を抜いた(剃った)上にカサブタができ、伸びてきた毛がカサブタ(新しい皮膚)の中にこもってしまう現象です。

鼻の産毛だもん!大丈夫と思っている人ほど、起こりうるのです。少しの油断が一生の後悔に繋がらないようにしましょうね。

脱毛サロンで肌までも綺麗になろう

ここまで自己処理法や処理でのデメリットをお話しましたが、正直不安だな…怖いな…と思った方も多いと思います。

そんな方におすすめなのが『脱毛サロン』です。ハッキリ言って、顔の脱毛、ましてや小鼻の脱毛って基本的に自分では難しい部位なんですよね。毛が薄い産毛だからこそ誤った処理法で毛が濃くなるリスクもありますからね。

一番安全で、一番綺麗に処理が出来る方法と言えば、間違いなく脱毛サロンの光脱毛です。他の処理法に比べ、デメリットが少なく安全で、肌までも綺麗になるので、年々需要は高まっています。

脱毛サロンへ通うメリット

鏡を見る女

脱毛サロンへ通うメリットをご紹介していきます。

自己処理の頻度が減る

比較的、鼻の産毛は毛が細く薄い場合が多いので、数回程度で自己処理の頻度が減ったことを実感するでしょう。

自己処理の頻度が減れば、それだけ肌も元気になってくれますね。

毛穴が目立たなくなる

自己処理を続けると、毛穴はどんどん広がっていきますよね。

ですが、脱毛サロンへ通えば肌への負担がずっと軽いので、毛穴を広げることなく処理ができ、通っているうちに刺激を感じなくなった毛穴はみるみる小さくなっていきます。

化粧ノリがよくなる

通うことで、産毛の量も生えるスピードも変わってきますから、化粧ノリがアップします。肌が綺麗に見えるだけでなく、化粧崩れも起きにくくなります。

肌が綺麗になる

肌への負担が軽くなり、しっかりプロの手で処理後のケアもしてもらえるので、脱毛サロンへ通うと肌が綺麗になります。

またサロンによっては美肌効果が期待できる施術まで受けられるのです。例えば脱毛サロン KIREIMOでは、フォトシェイシャルや美白脱毛も受けられるので、とにかく肌が綺麗になると話題です。

まとめ

いちご鼻の黒ずみの原因として“鼻の黒ずみ”が関係するなんて驚きですよね!角栓や汚れなどに目を取られ、誤ったケアをして解決どころか悪化の道をたどってしまっている人が多いのです。

だからと言って、鼻の産毛を安易に剃ったり、抜くのも考え物です。肌トラブルを引き起こすリスクが高いからです。ただでさえ顔の脱毛は難しいとされているので、顔だけでもプロの手に頼ってみてはいかがでしょうか?

今は比較的通いやすい価格で通えるサロンが多いですから、一度無料カウンセリングなどに行ってみるのも良いかもしれませんね。