冷え症は大敵!マッサージで血行促進してバストアップしよう

寒がる女

女性の多くが悩んでいる冷え症。実はバストのサイズとも大きくかかわっているんですよ。もしあなたが冷え症を感じているのなら、危険です。そのまま冷え症を放っておくと、バストが小さくなってしまうことも。

それでは、どうして冷え症が悪化するとバストのサイズも小さくなるのでしょうか。冷え症になる原因やバストに与える影響、冷え症対策についても知っておきましょう。

冷え症ってどんな症状?

冷え症というと、指先が冷たい、足先が冷たいというようなイメージがありませんか?

確かに、冷え症の代表的な症状は末端の冷えですが、最近は自分が冷たいと思っていなくても実は体が冷えている隠れ冷え症が増えてきています。

急増中の隠れ冷え症

隠れ冷え症とは、その名の通り、気付いていないうちに冷え症になっていること。多い症状では、よく下痢をするので調べてみたら、お腹が冷えていたという方やデスクワークが多くてあまり体を動かさないので筋肉が固まっていてバストが冷たくなっているという症状があります。

このような内臓の冷えは、いずれ末端冷え症も引き起こしますし、何より女性の体にとっていろいろな影響を引き起こします。

冷え症が体に与える影響

腕

冷え症が進むと具体的にこのような影響が現れてきます。

血行不良

冷え症の大きな原因となる筋力不足は血行不良にもつながります。というのも、筋肉は血の巡りを作り出すポンプのような働きをしているのですが、筋力が低下することでスムーズに血が流れなくなってしまうのです。

さらに、体の冷えが進むことで細胞の活動性が低下してしまって、より一層血行不良が進むという悪循環に陥ってしまいます。

肩こり

冷え症が続くと、筋肉のコリがひどくなってしまいます。特にバストに関係があるのが肩こりではないでしょうか。

肩はバストとつながっているため、肩を通る血管はバストへ栄養や酸素、ホルモンなどを運んでいきます。

ところが、肩こりになることで血行が悪くなりバストに十分な栄養が届かなくなってしまうのです。すると、もうお分かりですよね。バストが小さくなってしまうのです。

もちろん、筋肉のコリが起こるのは肩だけではありません。冷え症が進むことで、バストを底から支えている大胸筋やバストを釣り上げている小胸筋、バストとつながる上腕二頭筋などの筋力も弱まってしまい、結果としてバストのたるみや垂れ、サイズダウンを引き起こしてしまいます。

肌トラブル

美容面では冷え症が進むと、お肌の新陳代謝が悪くなってしまいます。新陳代謝が悪くなると細胞の活動が緩やかになってしまうため、新しい肌細胞が表皮に向かって出ようとするターンオーバーも乱れがちに。

すると、シミやくすみができたり、乾燥したりと、肌荒れトラブルを引き起こすのです。

ホルモンバランスの乱れ

冷え症が体に及ぼす影響で、女性にとって一番のリスクとなるのが、ホルモンバランスの乱れです。例えば、卵巣が冷えてしまうと、卵巣から出てくる女性ホルモンの分泌量が減ってしまいます。

女性ホルモンは、女性らしい体を作るホルモンで、中でもエストロゲンは女性にとって必要な排卵を引き起こすホルモンです。そのため、分泌量が減ると月経不順になってしまったり乳腺の発達を止めてしまうこともあります。

乳腺が発達しなくなると、バストが小さくなっていってしまいますよね。だからこそ、冷え症は大敵なのです。

免疫力の低下

体温が高いと、体の中の免疫細胞は活性化して、細菌やウイルスが体の中に入ってきてもそれを排除しようと戦います。

ところが、体温が下がっている場合、免疫細胞の活動が低下してしまうため、風邪などの病気にかかりやすくなってしまいます。

むくみ

冷え症が血行不良をうむことはご紹介した通りですが、血行不良になると、体の水分の運搬機能も悪くなります。すると、体の中の余分な水分が排出されにくくなり、むくみやすくなります。

特に、下半身には重力のために水分が集まりやすくむくみやすい部分です。また、バストなども実はむくみがひどくなりがちな部分で、バストのお肌のハリや弾力がなくなって、ブヨブヨとした質感になってしまいます。

冷え症になる原因

 

では、冷え症になる原因はどんなことなのでしょうか。あなたの日常生活の中に、冷え症になる原因が隠れているかもしれません。チェックしてみてくださいね。

筋力の低下

体格上、筋肉量が多い男性に比べて、女性は筋肉量が少ないため、体温が低くなりがちです。それに加えて、普段の運動不足がたたると余計に筋力が低下してしまって、冷えを引き起こしてしまいます。

生活習慣

体温を司っているのは、自律神経ですが、生活習慣が悪いと自律神経が乱れてしまい、冷え症になることもあります。

例えば、十分な睡眠をとっていなかったり、仕事ばかりで休息を取っていなかったりと、体に緊張状態が続くと自律神経が乱れがちになり、体温が低くなってしまいます。

食生活

美容のためにと、ダイエットを重ねている人は、カロリーにこだわって、できる限り低カロリーの食事をしますよね。ですが、これこそ冷え症を生む原因です。

食事からとる栄養は、筋肉や骨といった器官を作るために必要なエネルギー源になりますし、体が活動するための大切な存在です。

ところが、摂取カロリーを抑えることで、体は栄養不足になるため、筋力が低下して活動力が低下するなど、さらなる冷えを呼び込んでしまいます。

冷え症を改善してバストアップする方法とは?

上半身

それでは、冷え症を改善してバストアップするにはどうすればいいのでしょうか。まずは、先にご紹介した原因を取り除くのが一番ですよね。

そこで、自分の生活習慣や、食生活を変えていきましょう。暖かなスープや飲み物を積極的に摂るといいですね。運動不足の方であれば、毎日30分程度のウォーキングをしてみるのもいいでしょう。

ウォーキングをすることで、股関節が動くようになるため、卵巣や子宮といった内臓系の働きも良くなります。エストロゲンの分泌も増えやすくなりますよ。

また、普段はシャワーで済ませている人は、毎日10分はお風呂に浸かることを日課にしてみてはいかがでしょうか。体の芯から温まってくるはずです。

ですが、もっと早く冷え症を改善してバストアップしたいのなら、マッサージやサプリメントを取り入れてみてください。生活習慣の改善に加えておこなうことで、体が変わってきますよ。

マッサージで冷え症対策

マッサージ

それでは、冷え症対策、そしてバストアップにつながるマッサージをご紹介しましょう。

マッサージをおこなうタイミングは、入浴中がおすすめです。湯船に浸かりながらリラックスした状態でおこなうと、血行促進効果も得られますよ。もしもシャワーの場合は、入浴後にバストにクリームなどをつけておこなってくださいね。

マッサージ1

  1. 入浴して体が温まってきたら、血行が良くなってきた合図です。
  2. 右手を左側のバストとワキの間に手を入れて、バストの形に添って動かします。左ワキ腹→左バストの下側→左右のバストの中央部分の順番です。
  3. 2を3回おこないます。
  4. 左手を右側のバストとワキの間に手を入れて、バストの形に添って動かします。右ワキ腹→右バストの下側、左右のバストの中央部分の順番です。
  5. 4を3回おこないます。
  6. 両手で両方のバストを抱えて、中央に向かって寄せあげます。
  7. 6を3回おこないます。
  8. 左バストの下に右手を添え、バストトップをめがけて撫で上げます。右手がバストトップまでいったら、左手をスタートさせるというように、右手と左手で交互に5回撫でましょう。
  9. 右バストも8と同様におこないます。
  10. バストの中央部に両手の指を横にそろえて置き、両ワキに向かって指を動かします。

効果

バスト全体のコリをほぐして、血行を良くします。血行が良くなることで乳腺や脂肪細胞にも栄養やエストロゲンが届くようになり、バストが成長しやすくなります。

マッサージ2

  1. 右手で左の首筋から肩にかけて、優しくほぐします。
  2. 肩まで手を動かしたら、左の二の腕から肘にかけてもほぐします。
  3. 左脇の下のくぼみに、右手の人差し指と中指を揃えて置き、ぐるぐると円を描くように揉みます。
  4. ワキ腹の下の方からワキに向かって、手のひらで3回撫上げます。

効果

肩のコリをほぐして、冷え症を改善し、バストへ血液や栄養が流れやすい状態にします。
ワキの下のリンパ節を刺激することで、二の腕や上半身に溜まっていた老廃物を流しやすくします。

※3の手順のときに痛みを感じる場合は、老廃物がたまっているため、優しく揉むようにしましょう。毎日続けているうちに、徐々に痛みが和らいでスッキリとしていきますよ。

マッサージ3

  1. 体の前を通って、右手のひらを左バストの後ろ側へ回します。
  2. 背中からバストに肉を寄せるように運んできます。3回さすりましょう。
  3. 右側のバストも同様に3回おこないます。

効果

撫でることで血行が良くなり、脂肪細胞も動くので体が温まってきます。背中やわき腹の脂肪分をバストに流してバストアップが見込めます。

サプリメントで冷え症対策

サプリを飲む女

マッサージも冷え症対策に大切ですが、体の栄養バランスを整えて、バストが成長しやすい状態にすることも大事です。

ですが、食事から完璧な栄養を取るのは難しいですよね。そこでおすすめなのがサプリメントのDelafierteです。

DelaFierteの特徴

これまでに延べ7万人に使われてきた実績のあるDelaFierteを作っているサンメディカル社は、バスト研究を初めて早20年以上の実績を持つ安心企業。

その研究実績を活かして、バストケアに必須の成分を凝縮したのがDelafierte
です。

DelaFierteの主成分

若い世代だけでなく、出産を経験された方、加齢が気になる40代以上の方も広く使える成分は、女性にとって味方となるモノばかりです。

例えば、細胞の成長を早めるプラセンタや良質なエネルギー源のローヤルゼリー、抗酸化力があり老化を抑えるザクロエキスなどの成分がふんだんに使われています。

お試しキットから始められる

サプリメントを使おうと思っても、高額なものが多いことから、購入後、ちゃんと使い続けられるか不安になる方もいますよね。DelaFierteには、お試しキットが用意されているので、初めての方でも気軽にサプリメントを試すことができます。

キットの内容は、サプリメント2種類とバストケア用のジェル1種類。本来ならば10,000円相当の商品をWEB申込限定で、なんと1,000円で試せるチャンスです。定期購入ではないので、安心して注文することができますよ。

DelaFierteで栄養バランスを整えマッサージで冷え症を改善して、美しいバストを手に入れてくださいね。