本当にバストアップできる乳腺マッサージはコレ!サイズアップも夢じゃない

女性

加齢に伴ってしぼんでくるバスト。プルンとしていてハリと弾力があったバストが懐かしいですよね。でも、あの頃のバストには戻れないと落ち込んでいる場合ではありませんよ。

乳腺を刺激できるマッサージをすれば、あの頃のバストが手に入るかもしれません。まずは、乳腺の役割についてご説明いたします。

乳腺とは?バストとの関係は?

乳腺とは、乳房の中に張り巡らされている器官のひとつで、脂肪細胞と共にバストを作っています。乳腺と脂肪細胞との割合は、1:9と圧倒的に脂肪細胞が多いのですが、注目すべきは乳腺です。

脂肪細胞は乳腺の成長に比例し増えていきます。反対に、乳腺に栄養が届かないと乳腺の発達も止まってしまい脂肪細胞も小さくなり、バストが小さくなってしまいます。

乳腺の特徴

妊娠出産を経験した人ならご存知の通り、乳腺は、お乳を作り出し運搬する器官です。ただし、お乳が作られるのは、出産後の授乳期間のみ。それ以外の期間は、分泌液が流れています。

ところで、乳腺が発達するかどうかは、女性ホルモンがどれくらい分泌されているのかによっても変わります。

女性ホルモンは、妊娠出産を通じて赤ちゃんを育てるための体を作り上げるホルモンです。そのため、卵巣から女性ホルモンが分泌されると子宮や乳腺に働きかけて成長を促します。

女性ホルモンは、月経周期に合わせて分泌量が変わっているため、その周期に応じて乳腺のボリュームも変化を繰り返します。例えば、月経がはじまる前には女性ホルモンの量が増えることも相まって、乳腺も発達し、細胞が充血しやすくなるため、通常のときに比べると30~40%大きくなる方もいるようです。

ですが、月経が終わってしばらくするとホルモンの分泌も落ち着いてくるので、またバストがしぼんでしまいます。

乳腺と脂肪細胞の関係って?

では、乳腺と脂肪細胞とは、どんな関係にあるのでしょうか。バストの9割を占めるバストですから、増えれば増えるほどバストが大きくなるのは歴然ですよね。

もちろん、太ると全身の脂肪の量が増えますし、脂肪細胞のサイズも大きくなるのでバストも自然と大きくなります。でも、きっと今の体形のままでバストを大きくしたいですよね。

そんな時には乳腺を刺激することで脂肪細胞を増やすことができます。そう、乳腺と脂肪細胞とは密接な関係があるんです。

脂肪細胞は乳腺を守る強い味方

そもそも、バストに脂肪細胞がある理由は、乳腺を守るため。女性の体にとって、乳腺は赤ちゃんにお乳を与えるために大切な存在です。

ところが、乳腺自体は、繊細な臓器で、外からの刺激や振動などによって傷んでしまいます。そのダメージを軽くするのが脂肪細胞です。脂肪細胞は、バスト内部で張り巡らされている乳腺の隙間をぬって存在していて、バストにかかる負担を軽くします。

乳腺が増えると脂肪細胞も増える

このように、脂肪細胞は乳腺を守るために大切な存在です。だから、乳腺が発達して大きくなるごとに、脂肪細胞もどんどんと増えていきます。

美容業界では部分太りは難しいといわれているように脂肪細胞だけを大きくするのは難しいですが、乳腺を発達させれば脂肪細胞も増やすことができて一石二鳥というわけですね。

ただし、乳腺に栄養が届かずに発達が止まってしまったら大変。脂肪細胞も小さくなったり減ってしまったりと、結果的にバストが小さくなってしまいます。

乳腺トラブルはバストアップの天敵?

では、どういうときに乳腺はトラブルを起こすのでしょうか。

栄養やホルモンが届かない

乳腺が成長するには十分な栄養と女性ホルモンが届いていなければなりません。ところが、ストレスでホルモンの分泌量が減ってしまったり、食事制限で栄養状態が悪くなったりすると乳腺に栄養が届かなくなってしまいます。

また、栄養やホルモンは血液に乗って運ばれてくるのですが、冷え症やむくみなどで血行不良になっていると、乳腺に血液が流れにくくなり成長が止まってしまいます。

老廃物が詰まる

体の組織は細胞分裂を繰り返して日々新しくなっているのですが、繰り返しているうちに古くなった細胞などの老廃物がたまってしまいます。そして、老廃物は、分泌液を通じて乳腺内にとどまってしまう原因になります。

また、バストの皮膚下にはリンパ液が流れていて、全身から出てきた老廃物や毒素などをリンパ液に乗せて流し、体の外へと出していきます。

ところが、血行不良と同じく、冷え症などによってリンパ液の流れが悪くなるとバストに老廃物や毒素がたまりやすくなり、乳腺の発達が妨げられるのです。

分泌液が詰まる

授乳時以外は乳腺には、血液から作られた分泌液が流れているのですが、分泌液の濃度がたかくなったり、分泌液の中に老廃物がたまっていったりすると、次第に乳腺内に分泌液が詰まっていきます。

そのつまりは乳腺炎などの病気を起こす原因でもあり、乳腺に栄養やホルモンを届きにくくする原因にもなってしまいます。

乳腺マッサージの効果とは?

バストの詰まりや乳腺の不発達の改善策として一番簡単にできるのが乳腺マッサージです。乳腺マッサージとは、乳腺の刺激を目的としたマッサージで、乳腺に詰まった老廃物を取り除いて分泌液や血液の流れを良くします。

さらに、バスト自体を刺激することで、血行を良くして乳腺が成長するための栄養やホルモンをしっかりと乳腺に送り届ける働きも。

また、乳腺が刺激されることで、その刺激が脳に届き、脳下垂体が反応します。その信号は、卵巣に送られて女性ホルモンの分泌を促します。

乳腺マッサージをすることで、このようにさまざまな作用が起こり、バストアップにつながるのです。

乳腺マッサージのやり方

それでは、気になる乳腺マッサージのやり方をご説明します。片方バストをそれぞれ優しくマッサージしていきましょう。

  1. 右手をおわん型にして、左胸を上から包むようにあてがいます。
  2. 左手をおわん型にして、左胸を下から包むようにあてがいます。
  3. 右手を左ワキ側(右手の指先の方)にゆっくりとスライドします。
  4. 左手をバスト中央部分(左手の指先の方)にゆっくりとスライドします。

3~4の動きを5回繰り返しましょう。両手のひらで円を描くイメージでおこなうといいでしょう。

次に、バスト下部の乳腺をマッサージします。

  1. 右手をおわん型にして、左胸の脇腹斜め下に置きます。バストトップに向けて、3回スライドします。
  2. 左手をおわん型にして、右胸の脇腹斜め下に置きます。バストトップへ向けて、3回スライドします。

最後に、バストをつかんで全体的な刺激を与えます。

  1. 右手のひらと指をぐっと開いて、左のバスト全体を包み込みます。
  2. バストトップへ向けて、手のひらと指をすぼめます。
  3. 右のバストも同じようにして、3回繰り返しましょう。

乳腺マッサージをするときの注意点

お風呂上りなど血行が良い状態がおすすめ

マッサージは血行を良くする効果があり、効率的に栄養やホルモンをバストへ届けられますが、始めるタイミングとしてはもともと血行が良くなっているお風呂上りがおすすめです。

毛穴も開いているので、クリームやジェルの成分も浸透しやすくなっているので、まさにベストタイミングといえるでしょう。

マッサージをするときはクリームやジェルを用いる

マッサージは服の上からでもできますが、可能であれば、手の温もりがお肌に伝わるように裸の状態でするのがおすすめです。

ところが、素手でバストを触ってしまうと、お肌同士の摩擦が起こって、バストに余分な負担がかかってしまいます。

そこで利用したいのがクリームやジェルです。あらかじめクリームやジェルをバストに塗っておくことで手の滑りを良くして摩擦抵抗を減らします。このとき使うクリームやジェルは、バストアップ成分が含まれているものが良いでしょう。

手の温もりと、マッサージをすることで血行が良くなるため成分が浸透しやすくなり、よりバストアップ効果がもたらされます。

クーパー靭帯を傷つけない

マッサージをするときは、効果が出てほしいばかりについ強い力でおこなってしまいがちです。確かに強い力を加えると、それだけ刺激になるので、バストも大きくなりそうですよね。

ところが、思っている以上に繊細なんです。特に、クーパー靭帯は些細なことで傷ついてしまいがち。クーパー靭帯とは、バストの土台となる大胸筋や皮膚と乳腺とをつなぐ繊維質のことです。

コラーゲンと呼ばれる成分でできているため、とても繊細で、強い力が加わったり振動によって傷ついたり切れたりします。

そして、何より怖いのが、クーパー靭帯は一度傷ついてしまうと元には戻らないということ。だから、マッサージのときに強い力を加えたり、揺らしたりするのは危険です。大切なバストですから、優しく扱ってくださいね。

妊娠中や授乳中はおこなわない

妊娠中、特に出産間近になってくると、乳腺への刺激は子宮や卵巣に伝わりやすくなってしまいます。

そのため、マッサージを頻繁におこなうことで、子宮への刺激が強くなって流産を引き起こす可能性や早産になってしまう心配もあります。

また、授乳中は、乳腺から絶えずお乳が作られているので、下手に刺激をすることでお乳が乳腺に詰まって乳腺炎になってしまうことも。

乳腺炎になると、お乳が出なくなるばかりか、バストにしこりができてお乳が詰まることもあり、症状がひどくなると外科手術で切開してしこりを取り除かなければなりません。

そのため、乳腺の動きが活発な授乳中にも、乳腺発達を意識したマッサージは控えるようにしましょう。

飲酒前後のマッサージはしない

お酒に含まれるアルコール分は過剰に体に吸収されると、中毒症状を起こしてしまいます。症状は人によってさまざまですが、吐き気を伴うものから最悪の場合、死の危険と隣り合わせです。

マッサージをすると血行が良くなるためアルコール分も体に吸収されやすくなってしまいます。くれぐれも、飲酒前後のマッサージはやめましょう。

サプリメントでバストに栄養を

今回お伝えした乳腺マッサージを毎日おこなうと、自然と乳腺のつまりが取れていき適度な刺激によって、乳腺が成長していきます。

このような外部的な刺激も大切ですが、一番大切なのはバストが成長しやすい体を作ってあげることではないでしょうか。

サプリメントを飲むことで、バストに十分な栄養を与えてみませんか。Delafierteなら、バストが喜ぶ栄養がたくさん含まれています。

Web限定で購入できるお試しキットDXには、マッサージをするときに便利なジェルもついているのでお得ですよ。