バストアップにブラジャー選びは必須!おすすめのブラタイプと選び方

下着は楽な方がいいと、普段から緩めのブラをつけていませんか?実は、ワイヤーなしのリラックスブラは、バストサイズが小さくなったり形が悪くなったり、垂れてしまう原因の一つです。

今回は、バストアップやデコルテ盛りに最適なブラジャーの選び方をご紹介します。

あなたのブラ選び、間違っていませんか?

最適なブラジャーを知る前に、まずはあなたのブラジャーの選び方が合っているかを確認しておきましょう。こんなトラブルは起きていませんか?

  • カップとバストとの間に隙間ができてブカブカしている
  • ブラをつけてバンザイのポーズをするとブラが上にあがってくる
  • ジャンプをすると胸が揺れる
  • ストラップが肩からすべり落ちてきやすい
  • 前傾姿勢になるとホックがぐっとあがって、背中のベルト部分が弓のような形になる
  • ベルトの上や下からぜい肉がはみ出てくる

こんな状態は危険信号です。放っておくとバストの形が崩れたりどんどんと垂れてしまったりするかもしれません。すぐにあなたに合ったブラ探しを始めましょう。

こんなにあるブラジャーの種類

ブラジャー

一言にブラジャーといっても、市販されている商品にはいろんな種類があります。代表的な種類を見ていきましょう。

リラックスブラ

その名の通り、リラックス用のブラです。ワイヤーなしタイプで、血の巡りを邪魔せず、締めつけないのが特徴です。

ただし、締めつけない分、サポート力が弱いので、大きなバストは支えきれないというデメリットがあります。

スポーツブラ

スポーツをするときは振動が大きいため、バストを支えるクーパー靭帯が傷つく恐れがあります。

スポーツブラは、スポーツ中の動きに合わせバストにフィットする設計で、衝撃や振動によるバストのダメージを抑えます。

補正ブラ

補正下着と呼ばれる部類のランジェリーで、体を美しい形に仕上げるブラジャーです。

ホールド力が強いため、人によっては締め付けられているのが苦しいことも。ただし、バストの形を保つ力は他のタイプよりも優れています。年齢問わず、美しいボディづくりに欠かせません。

ナイトブラ

睡眠中は、ブラジャーをつけないという人も多いのでは。しかし、寝返りをうったりうつ伏せ寝をしたりすることで、バストの形は変わってしまいます。

ナイトブラは、バストを横からや斜め下からサポートする設計なので、眠っている間に受けるバストのダメージをしっかり予防。垂れにくいバストを作ります。

カップで差がつくバストの形

上半身

シチュエーションに応じてさまざまなブラジャーがありますが、それぞれの種類でデザインが異なります。特に違いが出るのがカップの形です。

カップの形によっても、バストをどれくらいサポートできるかが変わってくるので、その違いを知っておきましょう。

2分の1カップ

バストの下半分を支えるタイプのカップです。胸元がおおきく開く洋服に向いていますが、カップが小さいため大きめのバストは支えることが難しくなります。また、谷間づくりにも向いていません。

4分の3カップ

多くのブラジャーで取り入れられているデザインです。バストの大部分をカバーできるので、バストの形を綺麗に見せたり谷間を作るのに最適です。

フルカップ

バスト全体をカップでカバーできるので、大きくて重みのあるバストを包み込んで形作ります。

美乳を目指すなら、形にはこだわりたいところですよね。新しく購入するのであれば、サポート力が強い4分の3~フルカップのデザインがおすすめです。

カップの形が大きくなるほど胸を支えてくれますし、バストの垂れも防いでくれますよ。

選ぶならこんなブラがおすすめ

では、バストアップをするなら、どんなブラジャーを選ぶといいのでしょうか。おすすめブラのポイントを抑えておきましょう。

固定力のある生地

柔らかくて薄手の生地はバストにフィットしやすいので、つい選んでしまいがちですよね。ですが、柔らかな生地は洗濯などで伸びやすく傷みやすい特徴があります。

また、価格が安いブラジャーでは、使われている生地も質が悪い場合が多いので注意が必要です。手で触ってみてしっかりとした素材を選びましょう。

カップのトップが近いものを選ぶ

バストアップの中でも谷間に重点を置く方におすすめなのが、カップのトップが中央に寄っているタイプです。

カップが広がっているタイプはバストの締め付けが少なく、楽に過ごせますが、中央に寄っていることで、サイドのバストを寄せて綺麗な谷間を作り出します。

ベルトの幅は太いものを

ブラジャーはベルトとカップ、ストラップから作られていますが、ベルト部分が太い方がわき腹や背中のお肉をしっかりとバストへと運ぶことができます。

デザイン的には細いベルトの方がきれいに見えるかもしれませんが、補正力を考えるなら圧倒的に太いベルトがおすすめです。

大きめカップが美乳へ導く

カップがバストの形に合っていないと、ブラジャーがバストを支えきれずに形が崩れたり垂れてしまいます。

バストをすっぽりと包み込めるような大きめのカップ、4.分の3以上のカップを選ぶといいでしょう。また、単に横に広いカップよりも立体感があるカップの方が、バストを綺麗に整えられますよ。

ブラのサイズの選び方とは?

考える女

では、ブラジャーを購入する際は、どんなサイズのものを選べばいいのでしょうか?体にぴたっと合うもの?それとも少しきつめや大きめがいいのでしょうか?

アンダーとトップの差を知る

ブラジャーのサイズ表記は、75Aや80Dのように記載されています。数字の部分はアンダーバストのサイズ。アルファベットはカップ数を表しています。例えば、75Aであれば、アンダーバストが75cm、カップ数がAという商品です。

アンダーバストは胸のふくらみの一番下の部分のサイズで、カップ数は、トップバストとアンダーバストとの差から割り出します。

アンダーバスト表

サイズ アンダーバスト
65 62.5~67.5
70 67.5~72.5
75 72.5~77.5
80 77.5~82.5
85 82.5~87.5

カップ表

カップ数 トップとアンダーとの差
AA 約7.5cm
A 約10.0cm
B 約12.5cm
C 約15.0cm
D 約17.5cm
E 約20.0cm
F 約22.5cm

トップとアンダーとの差が2.5cm大きくなるごとに、カップ数もG、H、Iと大きくなっていきます。

自分でサイズが分からない時は

ブラジャーのサイズは、表記どおりではなく、商品によって多少の違いがあります。そこで、購入する際には、必ず試着するようにしましょう。

また、自分のサイズが分からないときは、ランジェリーショップのスタッフに確認してみるといいでしょう。サイズを図ってもらえるのと同時に、ブラジャーの選び方やつけ方に関する相談にも乗ってもらえますよ。

ブラジャーの正しいつけ方とは?

たとえ高級でバストアップが期待できるブラジャーを選んだとしてもつけ方が間違っているとサイズダウンや垂れにつながってしまいます。

反対に正しいつけ方をしていればバストは正しい位置にきて見た目にも美しくなります。それでは正しいつけ方を確認しておきましょう。

ブラジャーをつける手順

  1. ブラジャーをつけて、ストラップの長さを調整します。(このときは試しの着用ですので軽く整えるようにします。)
  2. 肩ひもを通し、少し前傾姿勢になってから、ブラジャーのホックを留めます。
  3. ブラジャーと体との間に手を入れて、背中側からバスト側へとバストを持ってきます。同時に、斜め下側やわき腹からもバストを持ってきて、カップの中に入れましょう。
  4. 背筋をまっすぐに伸ばして、ブラジャーの中にバストがきちんと入っているか確認します。
  5. ストラップの長さが短すぎて食い込んでいないか、長すぎてバストが下がっていないかを確認します。デコルテ部分がふんわりするようにストラップを調整しましょう。

ブラジャーをつけるときの注意点

きれいなバストを作るために、ブラジャーをつけるときの注意点を抑えておきましょう。

バストトップの位置

ブラジャーのカップにバストトップが収まっているか確認します。カップの先端部分もしくは下側にバストトップが収まっているようにしましょう。

カップよりも内側にバストトップが入っている場合は、カップが小さい証拠です。もう少し大きめのカップに変えてみましょう。

ストラップは正しい長さに

ストラップは短くするほどバストが引き上げられます。しかし、短くし過ぎるとバストの位置が高くなりすぎて、バストを支えるクーパー靭帯に負担がかかってしまいます。だから、クーパー靭帯は繊細なため、傷ついてしまうとバストを支えきれなくなることも。

また、ストラップを長くし過ぎることも垂れる原因に。そもそもブラジャーはバストを正しい位置に移動させてサポートする存在です。バストの垂れを予防するためにもストラップは適切な位置に調整しましょう。

ハミ肉は太めのベルトで調整を

薄手のTシャツを着ているときに、ブラの上にお肉が乗っている姿を見たことはありませんか。この恥ずかしいハミ肉はブラのサイズが合っていない証拠です。

アンダーバストやカップ数が合っているのにお肉が乗ってしまう場合は、ベルト部分が細すぎる可能性があります。太めのベルトを選ぶと、広範囲のお肉をカバーできるので、ハミ肉対策におすすめです。

サプリメントを使って形のいいバストを

サプリメントを飲む女

さて、ここまでブラジャーの選び方をご説明してきましたが、何よりも大切なことは、バストがきちんと育っていることではないでしょうか。

いくら高級で補正力が高いブラジャーを買ったところで、バスト自体が小さいと意味がありませんよね。そこでバストを育てるためにサプリメントの服用をおすすめします。

美乳成分配合のDelaFierte

サンメディカル社から販売されているDelafierteは、バストに嬉しい成分がたくさん配合されています。

例えば、細胞ひとつひとつの保水性を高めてハリをアップさせるローヤルゼリーエキスやプラセンタ、細胞の新陳代謝を促す葉酸などの成分が含まれています。

ジェルマッサージでバストアップ効果も

DelaFierteのサプリメントにはジェルもついています。ジェルの成分はもちろんバストアップをフォローして美肌、美乳に導いてくれます。

毎日のバストケアにサプリメントとジェルマッサージを加えて、美しいバストを手に入れましょう。