太ももの裏やふくらはぎのひどい埋もれ毛はどうすればいいの?埋もれ毛の原因と対策

太もも

綺麗なムダ毛がなく、すべすべの足になりたいと願う女性は多いですよね。ムダ毛はなんとか処理が出来ても、ポツポツの肌触りはなかなか対策が難しいですよね。

特に太ももの裏やふくらはぎはポツポツが現れやすい場所なので、悩んでいる女性は多いのでは?そんな悩みの原因を作っている元凶こそが“埋もれ毛”です。

今回はそんな埋もれ毛の原因や対策について徹底解説していきます。

埋もれ毛ってなに?

そもそも埋もれ毛と言われても、ピンとこない方もいらっしゃいますよね。埋もれ毛は、埋没毛ともいわれ、皮膚の中で毛が埋まってしまっている状態のことを指します。

触ってみるとポツポツしており、良く見ると中に毛が生えているのが分かることでしょう。

埋没毛

皮膚の表面がプクっと浮き出ていて、触ると出来物のようになっているのが特徴です。

毛が生える部位ならば、どの部位でも埋もれ毛になる危険性がありますが、太ももの裏やふくらはぎは自分で見落としがちなので注意して見てみましょう。

埋もれ毛になる原因

実は、埋もれ毛が出来る原因のほとんどが“ムダ毛の自己処理”にあります。自己処理が原因だと言っても、二つ理由がありますので一つ一つ詳しくご説明していきましょう!

まず一つ目が、自己処理による“皮膚のダメージ”です。カミソリや電気シェーバーやピンセットをムダ毛の自己処理で使っている人は多いと思いますが、知らず知らずのうちに皮膚にダメージを与えています。

皮膚はダメージを受けると怪我をしたと解釈し、肌を守るためにかさぶたをつくります。かさぶたを作ることで毛が埋まり、角質が厚くなり、その結果埋もれ毛を招きます。

二つは、自己処理による“切れ毛”です。

部位によっては、カミソリよりもピンセットでムダ毛を処理した方がいい部分もありますよね!ピンセットを使って、途中で毛がプチっと切れてしまった経験はありませんか?この切れ毛こそ、埋もれ毛の原因になり得るのです。

途中で切れたことで毛の先端が尖り、出口である毛穴以外の皮膚に刺さり突っかかることで、そのまま埋まってしまうケースもあります。

普段何気なくしているムダ毛の自己処理が、ぶつぶつ肌の原因である埋もれ毛に発展させるなんて恐ろしいですよね。

埋もれ毛を放置するとどうなるの?

叫ぶ女

埋もれ毛は基本的に、皮膚の中で成長していく場合もありますし、停滞する毛もありますが、ターンオーバーを繰り返す我々人の皮膚は、新しい皮膚に生まれ変わる際に埋もれ毛が皮膚の表面に出てくるので、放置していても大丈夫です。

ただ中には、埋もれ毛を放置することで炎症を起こし、ニキビのような“毛嚢炎”になる場合もあります。毛嚢炎とは、ニキビのような赤いプツプツした出来物です。悪化すると膿が溜まり、熱をもったり痒みを伴うようになります。

また、毛嚢炎以外にも、黒ずみが皮膚に残る“色素沈着”を起こす可能性も高く、一度黒ずむと元の肌色に戻すことは難しいため、埋もれ毛を作らない・悪化させないように注意しましょう。

埋もれ毛は絶対にほじくらないこと

皮膚をほじくって埋もれ毛を出してしまう人が多いのですが、これは絶対にNGです。ほじくると皮膚にダメージがかかり、またかさぶたが出来ます。

かさぶたが出来ることで生えてきた毛は、再度埋もれるようになり、結果埋もれ毛を引き起こします。

自分で無理に処理をしても埋もれ毛は、エンドレスに繰り返しますし、皮膚にダメージがかかり酷い毛嚢炎になる可能性が高いため絶対にほじくるのは控えましょう。

埋もれ毛を早く治す方法

ムダ毛の自己処理が、埋もれ毛になる。埋もれ毛を処理すれば、毛嚢炎になる。ターンオーバーに任せると、2~3ヵ月程度かかる…。

じゃあ、埋もれ毛ってどうしたらいいの?と頭を抱えてしまいますよね。なるべく早く埋もれ毛を治すためには“ピーリング”と“保湿”をしてあげましょう。

ピーリングをすることで、ムダな角質がなくなり、埋まった毛が排出しやすくなります。スクラブでも大丈夫ですが、より肌に優しいピーリングの方がおすすめですよ!

また、出来るだけターンオーバーを早めてあげるために、しっかり保湿をしてあげましょう。肌の状態が良くなればターンオーバーの周期も早くなります。

また、ピーリング後には肌をいたわるために保湿を忘れずにすることもポイントです。

埋もれ毛にさせないために

一度出来ると厄介な埋もれ毛は、ムダ毛の自己処理が原因で出来てしまうため、本気で埋もれ毛を解消させたいのならば、ムダ毛の自己処理を控えるべきです。そのために“脱毛サロン”をおすすめします。

脱毛サロンは、特殊な光を当てて毛の根本に働きかけ、毛を生えにくくするのが目的です。始めのうちは、自己処理も必要かもしれませんが、6回~8回程度通うと、ほとんど自己処理をしなくても問題ない程度になってきます。

そうなることで、埋もれ毛がターンオーバーに任せて排出させるため傷になることもなく、綺麗な肌に戻っていきます。埋もれ毛だけでなく、他の肌トラブルの改善も期待できます。



脱毛サロンQ&A

脱毛サロン

今まで脱毛サロンに通うなんて考えたこともない人もいるでしょうから、脱毛サロンの気になる点を質問形式でまとめてみました!

Q1:脱毛サロンって高いでしょ?

A1:確かに脱毛サロンは安くはありません。部分脱毛でも1回数千円、全身脱毛だと1回数万円程度はかかります。(サロンによります。)

ですが一生ムダ毛に悩むことを考えれば、安い物なのではないでしょうか?通い放題プランがあるサロンを選べば、かなりお得に脱毛が出来ますよ!

ただし金額に関してはサロンごとに、差が大きいのでしっかり見極めて選ぶことが重要です。

Q2:脱毛って痛いですよね?

A2:脱毛には医療脱毛と光脱毛と大きく分けて2種類存在します。医療脱毛は、効果が高い分痛みも伴います。また、病院でしか受けることが出来ないため価格も高い傾向にあります。

一方で脱毛サロンの脱毛が光脱毛です。医療脱毛よりもパワーが弱いため痛みがなく肌へのダメージが低く、料金が安価なのが特徴です。

どちらにも良い点・悪い点あるので、自分に合う方をチョイスするのがおすすめです。

Q3:どのくらい通えば効果が出ますか?

A3:光脱毛の場合、毛量や部位、毛の濃さにより個人差は出ますが平均的に6回~8回程度で、ほとんど自己処理が必要なくなると言われています。

肌に優しい脱毛方法なことから、回数はそれなりに通わねばならず、そういった面からも通い放題がお得だと言われています。

Q4:未成年でも通えますか?

A4:通えますが、どの脱毛サロンでも親の同意書が必要になりますので、そこだけ覚えておきましょう。

Q5:肌が弱いので心配です…

Q5:光脱毛は肌への負担が軽い他、保湿などのケアも充実していますが、心配な方はもしものために異常があった場合、ドクターサポート(サロンが費用を出して病院へかかることが出来る)が導入されている脱毛サロンを選ぶことをおすすめします。



おすすめの脱毛サロンは?

先ほどのQ&Aで少しは脱毛サロンへの心配が薄れたでしょうか?脱毛サロンでは無料カウンセリングを行い、承諾後に契約という流れなので、気になる脱毛サロン数社で話を聞いてから決めるのも良いでしょう。

それでも脱毛サロンは、国内にも有名どころでも数店舗あるため、どこへ話を聞けばよいのか悩んでしまう方も多いです…。そこでイチオシなのが脱毛サロン KIREIMOです。

先ほどご説明したドクターサポート制度も導入されていますし、ケアも充実しており、埋もれ毛を綺麗に治すことが出来るサロンだからです。

埋没毛が治る理由は?

水着の女

ムダ毛が綺麗になるのは、脱毛サロンなら当たり前!だからこそ埋もれ毛などの特殊なムダ毛にも効果が高いサロンを選ぶことが必要になります。KIREIMO(キレイモ)が何故おすすめなのか詳しく解説していきましょう!

その①IPL脱毛で根本の奥まで働きかける

一般的な脱毛サロンで採用されている光脱毛は、肌の中に毛が埋まっている場合、肝心な皮膚の奥まで光が届かず脱毛効果を得られにくいです。ですがKIREIMO(キレイモ)の脱毛は “IPL脱毛”を採用しています。

IPL脱毛は、様々な波長が組み合わせてられている光を当てるため、肌の奥まで異なる波長でしっかり届く仕組みになっており、埋もれ毛でも脱毛効果を得られることが分かっています。

その②色素沈着まで綺麗に

KIREIMO(キレイモ)の特徴は、エステサロンのような脱毛サロンだということです。埋もれ毛で色素沈着が出来て黒ずんだ部分でも、KIREIMO(キレイモ)だけの美白脱毛を選べば、黒ずみまでも除去してくれるのです。

1回で効果を発揮とはいかないかもしれませんが、通ううちに肌のトーンも上がり、黒ずみ治っていくことでしょう。

その③痛くないから安心

いくら痛みのない脱毛サロンの脱毛と言っても、やはり毛が太い場所は痛いです。特にワキやデリケートゾーンは、輪ゴムでパチンと弾かれたような痛みが伴い、その痛みが嫌で脱毛サロンへ通わなくなってしまう人もいるほどです…。

ですがKIREIMO(キレイモ)の脱毛は、痛くないと多くの話題を集めています。なぜなら脱毛器のヘッド部分がマイナス4度に冷却されており、痛みを感じる熱エネルギーを緩和してくれるからです。

他のサロンへ一度でも通ったことがある人ならば、驚くレベルでしょう。

その④通い放題だからお得

KIREIMO(キレイモ)には、回数パックプラン以外にも通い放題プランが用意されています。無期限で通えるので、とてもお得ですし、毛が薄くなってからでも気になったときだけ通うことも出来ちゃうのです。

価格は、格別に安いというわけではないですが、脱毛サロンの中では平均的な金額設定になっています。

格安脱毛サロンは、コストを削減するために衛生面が整っていなかったり、従業員数が少ないあまり予約が取れないなどの問題も多いので、控えるのが無難です。

まとめ

笑顔の女

自己処理ですぐに出来てしまう“埋もれ毛”の原因と対策をご紹介しましたがいかがでしたか?一度処理してもエンドレスで繰り返すのは怖いですよね…。

誤った処理を続けることで炎症を起こし酷くなるケースも多いので、一度ムダ毛の自己処理方法を見直すことをおすすめします。

今回、脱毛サロンKIREIMO(キレイモ)をご紹介しましたが、埋もれ毛をとにかく治したい方は一度無料カウンセリングへ足を運んでみてはいかがでしょうか?