痛い?値段は?形は?何回?下の毛が剛毛すぎて恥ずかしい女子におすすめのVIO脱毛

ビキニ

腕や脚は自分でも簡単に処理が出来てしまいますが、アソコのムダ毛は自己処理が難しいですよね…。

セクシー女優さんやグラビアアイドルの人はあんなに綺麗なのに…。私はなんで?と悩んでいませんか?それは“VIO脱毛”を受けているから綺麗なのです♪

でもVIO脱毛って恥ずかしいし、痛みがないのか不安ですよね。だからこそ誰にも言えない下の毛の悩みを解決しちゃいましょう。VIO脱毛の気になる全てをお教えします。

VIOってどこのこと?

まずは基礎知識から固めていきましょう。VIOって実際どの部分を指すかご存知ですか?

Vライン

Vライン

立ったときに正面から見える下の毛が生えている部分を指します。ここの部分は自分でも処理をしているという人も多いのでは?

長すぎてもはみ出してしまいますし、短すぎてもチクチクパンツから毛が貫通してしまうので、長さと形両方意識するゾーンですね。

Iライン

Iライン

Vラインの更に奥ですね。陰部の両サイドです。自分では見ることが難しい場所なので、自己処理も大変難しいです。

性交渉の際に男性から一番見られる部分でもあるので、悩んでいる女性が最も多い場所とも言えます。

Oライン

Oライン

肛門の周りです。毛が薄い人もしくは生えていない人も多い場所ですが、1本でも2本でも生えているだけで気になってしまう場所ですよね。

自分で自己処理は、ほぼ不可能ですし、危険を伴うので止めておきましょう。

VIOはデリケート!下の毛の自己処理は危険だらけ

おそらくこの記事を見ている方は、今現在は自己処理をしている方が多いと思います。でもVIOの自己処理はとっても危険だということを理解してください。

腕や脚と違って、下の毛は濃くて太い毛が生えていますよね。ですから、むやみやたらに処理をすると、肌を傷つける可能性があります。

知らず知らずに力が入っていたり、剃れている部分と剃れていない部分があるからと何度も刃を当てていませんか?

ただでさえデリケートゾーンは敏感な部分です。誤って怪我をしても、絆創膏も貼れませんし、塗れる薬も限られるため完治が遅くなりますので注意しましょう。

また、傷口から菌が入りこむと肌トラブルなんて比じゃないくらいの病気に発展する可能性もなくはありません。

肌トラブルだけでなく、見た目も劣化する可能性もあります。自己処理を繰り返すことで、色素沈着を起こし、デリケートゾーンが黒ずんでくることも…。

デリケートゾーンの黒ずみは男性からも良いイメージを持たれませんし、元の色に戻すのは難しいです。それが分かっても自己処理できますか?

VIO脱毛のメリットとデメリット

水着の女の子たち

自己処理以外の方法と言ったら“脱毛”しかありません!VIO脱毛って今や特別なことではありません。多くの女性が密かにサロンへ通っています♡

VIO脱毛をしてどんな点が良かったのか、どんな点が不便なのか調査しました。

VIO脱毛のメリット

  • 下着や生理用品での蒸れが軽減
  • 蒸れが解消されることで臭いとかぶれがなくなる
  • 可愛い下着や水着が着用できる
  • プールや温泉を楽しめる
  • 自分に自信を持てる
  • 自分で処理しなくても済む
  • 常に清潔でいられる

コンプレックスを解消することで、今まで制限されていたものが思いっきり楽しめるようになりますよね♪

また、毛がないことで蒸れを解消でき、臭いや不快感、かぶれまで解消できますし、生理や排便の際にも清潔に保つことができます。女子にとって、清潔感は何よりも大切ですよ♡

VIO脱毛のデメリット

  • サロンによっては痛い
  • 慣れるまで施術が恥ずかしい
  • 形によっては後悔する
  • 施術当日は湯船に入れない
  • 生理時は施術が不可能

施術に関するデメリットが多いですね。サロン選びに失敗しなければ、施術の恥ずかしさは慣れるので、そこまでマイナスではないですよね。

形によっては後悔するとのことですが、確かに若気の至りで全部無くしてしまうと、後々恥ずかしい目にあいそうですね(笑)

VIO脱毛の施術の流れ

脱毛施術

エステの女性にVIOを見せるなんて気が引けますし、施術の流れを知って少しでも気持ちに余裕をもちたいですよね…。

VIO脱毛の施術の流れをご説明します。(※サロンによっては若干の違いがありますが、基本的には同じです。)

①予約を取る

基本的に脱毛サロンは完全予約制です。大体は、施術が終わった後に次の予約を取ることが出来ます。

もしくは後日、自分で電話やネットから予約を入れるのが一般的な流れです。

②前日には自己処理をしておく

効果が高まるように施術前日までにムダ毛の処理をしておく必要があります。ただしI、Oなどの自分で手入れが難しい場所は、サロンで処理をしてくれたりもします。

(※剃り残しがあるとサロンによっては有料でエステ員が処理もしくは、施術が出来ない場合もあります。)

③施術内容

ブラジャーとパンツを脱いで、用意されている紙ショーツを着用しバスタオルやガウンを巻いて施術代(普通のベッド)に横になる。施術の担当者が来て、紙パンツ着用のまま施術開始。(施術の工程はサロン事に異なるため省きます)

  • Vライン…軽く脚を開き脱毛
  • Iライン…片方の脚だけくの字に曲げて脱毛
  • Oライン…うつぶせになって軽く脚を広げ脱毛

④アフターケア

脱毛箇所に赤みや痛みが無ければ、保湿をしてもらい終了です。

少しはイメージが湧きましたか?確かにエステの店員さんには、シェービングチェックもあるのでVIOを確実に見られます。

恥ずかしい…と思うかもしれませんが、店員さんに聞いてみると1日に何十人、年間で何千人と見るので、なんとも思わないのだそう!まあ確かにそれもそうですよね。

ですから意識するだけムダなのです。気にしているのは自分だけ。軽い気持ちで施術してもらいましょう。

VIO脱毛は痛くないの?

恥ずかしさと同じくらい気になるのが“施術の痛み”ですよね。中には確かに痛いと答える人もいなくはありません。

脱毛する際には医療レーザー脱毛・光(フラッシュ)脱毛・ニードル脱毛が主な脱毛方法です。この中で、痛みを感じにくいのは“光脱毛”のみなのです。

ですが、何も知らずに病院なら間違いないでしょ?と医療脱毛に手を出す人が多いわけで、結果「VIO脱毛は痛い」と答える人が多く、イメージがついてしまっているわけです。

実際、私もVIOの脱毛を光脱毛で受けていますが、特別痛いと感じたことはありません。もちろん個人差はあるとは思いますが、痛みが怖いのであれば光脱毛を選ぶのが一番です。

何回通えばいい?値段は?VIO脱毛の回数と金額

考える女

ではなぜ痛くても医療レーザー脱毛を受けるのでしょうか?それは一回で効果がそれなりに出るため、脱毛が早く終わるからです。

医療レーザー脱毛ですと産毛くらいまでに薄くするのには5回(約1年)ほど、ツルツルにするまでは8回(約1年半)ほどだと言われています。

一方で、エステサロンの光脱毛ですと、同じ産毛程度までは12回(約2年)ほど、ツルツルにするまでは18回(約3年)の施術と期間が必要です。

医療光レーザーの方が倍以上脱毛のスピードは速いわけですが、さすがに痛みがあるのは怖いですし、実際価格もそれなりに高いです。

効果の高い脱毛機を使用しているため施術費は高く、お医者さんですから専門のドクターの技術料も含まれているからです。

医療レーザー脱毛ですと、平均6回で15万程度になります。脱毛サロンの光脱毛ですと、平均6回程度で5万程度になります。

医療脱毛の6回の効果が脱毛サロンの12回に匹敵しますが、それを考えても脱毛サロンの方が金額は安いですね。

また、脱毛サロンでは回数に囚われず通うことができる“脱毛し放題プラン”を用意しているところが多いため、完璧に綺麗にしたい!という目標があるならば、断然お得だといえます。おすすめの脱毛サロンはコチラ↓



VIO脱毛どんな形がおすすめ?

脱毛サロンで施術をした場合、形によっては後々後悔するというデメリットを挙げましたが、その形とは“ハイジニーナ(パイパン)”です。

まあ、日本ではハイジニーナへの認識はまだまだ女性でも低いですし、男性の意見も賛否両論ですからね…。

そこでせっかくVIOするなら、どんな形が人気なのか気になりませんか?ランキングにしてご紹介しましょう♪

第1位 逆三角形

 

逆三角

男女問わず人気なのが“逆三角形”です。Vラインの形に合っているので、なんの違和感もありませんよね。

パンツからはみ出ないくらいのサイズにするのがポイントです。IOは、全部剃りましょう。

第2位 卵型

 

卵型

自然で柔らかい印象を与える卵型が栄えある第二位。

男性からの人気もあり、清楚な感じがいいとの声も。IOは全部剃ることをおすすめします。

第3位 スクエア型

スクエア型

第3位は、台形を逆にしたようなスクエア型です。毛が生えている範囲は狭いながらも、自然な印象を与える点で人気です。

また、施術後に逆三角形にも卵型にも、帰ることが出来るので、とりあえず脱毛したい!という女性にもおすすめです。

海外では順位が全く異なることになりそうですね。お付き合いしている男性が外国人の方や外国人が好きという人は、ハイジニーナにするのも手かも!?

痛みのないVIO脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

VIO脱毛への不安が少しは改善されましたか?VIOの自己処理は危険がいっぱいです。脱毛をするのがメリットも多いのでおすすめです。

恥ずかしさは通っていくうちに消えますし、変わっていく自分の姿は自信に繋がりますよ。

医療脱毛か光脱毛か悩まれている方は、光脱毛の脱毛サロン KIREIMOをおすすめします。金額的にもおすすめなのですが、何より痛みが全くない!

光脱毛の中でも痛みを感じるサロンもある中で、KIREIMO(キレイモ)の脱毛は痛みがないことにこだわった施術法だからです。

脱毛箇所の中でも毛が濃く痛みが強いと言われているVIOだからこそ、痛みの少ないサロンを選んで綺麗になっちゃいましょう♪